いがらしデンタルクリニック

港区新橋の歯科 いがらしデンタルクリニック|駅前徒歩2分の歯医者
東京都港区新橋1-9-1 北川ビル3F 
診療時間:10:00-13:00/14:00-19:00 休診日:土・日・祝日  

TEL:03-3572-6254
ホーム > コラムvol.1~vol.7

コラムvol.1~vol.7


vol.1 ●保険で義歯をなかなか作ってくれない

vol.2 ●一本の歯の価値

vol.3 ●よい歯医者の選び方

vol.4 ●良い歯医者の選び方があるなら・・・

vol.5 ●お口の中はブラックボックス1

vol.6 ●お口の中はブラックボックス2

vol.7 ●お口の中はブラックボックス3

vol.8~14 vol.15~22

vol.6 ●お口の中はブラックボックス2


 前回は根管治療に就いて述べたがお分かりいただけただろうか。ただ治療の基本中の基本であるのでもう少し問題にしたいと思う。よく根管治療中に、後何回ですかと聞かれることがある。正直に言って分かる時と分からない時とがある。前者は根管拡大中に炎症も疼痛も診られない場合で、後どれ位拡大すれば良いかが目安となり、比較的予測可能である。後者は根先に炎症がある場合で、まず根管内を拡大しつつ無菌状態にしなければならない。その上で殺菌力の強い薬を入れる。ただ炎症は直ぐに無くならないので時間が掛かるところではある。また疼痛のある場合は薬を刺激の弱いものに変えたりして、これも時間の必要な治療となる。基本は根管内が無菌状態に保たれて根先迄しっかりと充填されれば、炎症の残っている根先の外は歯槽骨内の組織液により洗い流されるから炎症は消えることになる。よく医者の側が根の腐りやすい体質だと説明することがあると聞くが、それは体質ではなく、治療の予後不良のことに他ならない。やはり治療が長引いたなら、レントゲン写真を見せてもらい、説明を求めた方が良い。
 治療の難しい部類に根管治療の歯が歯槽膿漏になっている場合がある。歯肉ポケット(歯と歯茎の溝)が非常に深くなるとそこから菌が根先に回り、逆行性の歯髄炎になり進行すると根管内が壊死に至り、汚染にまで進むことがある。この場合根管内を無菌に保とうとしても予後が悪い。それもその筈で反対側から汚染されているのだから。ポケットが全周に亘っている場合は抜歯する場合もありえるし、大臼歯の場合、当該の根が一根の場合はヘミセクション(部分的に根を切断除去すること)を行うことも多い。得てしていい加減な歯医者ほど根管治療を疎かにする傾向はあると思う。昔勤務していた歯科医院のベテラン代診は、根管治療は三回までだと豪語していた。きっと採算が合わないからなのであろうが。
 根管充填後の問題点は築造支台(根管内に芯を入れること)である。歯牙の歯質が全周に亘りある厚さを以って残っている場合はコアまたはポスト(芯のこと)はセメントまたはレジン(プラスティックのこと)でも良いだろうが、歯牙が欠けていてその辺縁が歯肉の下にある場合は、金属のコアが望ましい。何故ならセメントやレジンは吸水性があり劣化しやすいのである。ただ採算の観点からは割安で治療時間も短縮出来、(型を採らなくて良いから治療が一回少なくなる)歯牙が大きく欠けている場合も良く使われている。この場合も根を詰めた場合、次に何をするのか、コアに何を入れるのか歯牙を見せてもらいながら聞いたほうがいい。特にセメント支台は溶けて孔が開き周りの歯質がウ蝕(汚染して軟化すること)することが多い。最後に、金属の芯にしてくれと言って、保険では出来ませんと答えたら、転院しましょう。嘘ですから。保険で出来ます。それにセメント、レジン支台は金属支台よりは綺麗に削られないからそれだけのものということです。次回は保存修復(??)に就いてです。

ポリスマガジン 2007年10月号


vol.7 ●お口の中はブラックボックス3→ →

ページのトップへ戻る